のぼり初心者の疑問あれこれ

どうするの??のぼり

固定する方法

のぼり旗を固定する方法には、大きくふたつの方法があります。

多く採用されている方法は土台方式です。
土台方式とは、のぼり旗用の可動式土台を利用する方法で、
1個が1,000円程度です。

材質がポリエチレン製で中が空洞になって
製品が多く流通しています。

その中空部分に水を入れることにより
重さを増させ、安定させる方式です。

メリットは水を抜けばポリエチレン製のため、
軽く持ち運びに便利です。

文字を入れる

設置位置も自由で状況により移動も即座に可能です。
また、デメリットは移動可能で地面に固定されていないので
転倒しやすいことです。

その他の方法としては、地面やコンクリートブロック部分に、
旗棒よりひとまわり大きなパイプを打ち込み、
そこへ旗棒を差し込む方式です。

パイプは塩化ビニール製のものが良いです。
腐食もなく長期に性能を発揮します。

DVDレンタル

メリットとしては屋外に設置しても風などによる
転倒がないということです。

のぼり旗間隔も地面にパイプを打ち込んでいるので、
一定間隔が確保することができていて、のぼり旗をさすだけで、
綺麗な等間隔が出来ます。

デメリットは、位置を決めてパイプを打ち込んでいるため、
設置位置に柔軟性がないことです。

 

のぼり旗について考える